> カテゴリ
> フォロー中のブログ
> インフルワクチンを過大評価=母親の9割、正しく理解せず−民間調査(時事通信)
 インフルエンザワクチンの幼児への効果について、高校生以下の子供を持つ母親の9割が正しく理解せず、半数以上が過大に評価していることが、コンサルティング会社「フライシュマン・ヒラード・ジャパン」(東京)の調査で分かった。
 同社は今月8〜10日、全国の24〜54歳の母親500人を対象にインターネットを通じて調査した。
 厚生労働省はワクチンが発病を防ぐ効果は、1〜5歳の子供では「20〜30%」としているが、500人のうち正しく回答したのは全体の3%に当たる15人だけ。57%は「5割以上防げる」などと過大に評価し、「分からない」とした人も36%に上った。
 また、今回の新型インフルエンザが豚由来だと理解している人は59%にとどまり、「分からない」が25%、「鳥由来」と答えた人も15%いた。 

ぶらぶら散歩 女性に人気 身近な発見楽しみに(産経新聞)
住宅火災で7歳男児死亡 大阪・松原(産経新聞)
外国人犯罪、5年連続減少=「生活苦」で窃盗、強盗増加−警察庁(時事通信)
「うーん、わからん」豪腕小沢幹事長が顔赤らめ2分で退場(産経新聞)
山内議員元秘書を逮捕 架空の投資話で3千万円詐取容疑(産経新聞)
[PR]
by nb5wbgzn5r | 2010-02-27 04:46

看護師関連の情報を収集してます
by nb5wbgzn5r
> 最新のトラックバック
> ライフログ
> 検索
> ブログパーツ
> ファン
> ブログジャンル
> 画像一覧